KPMG

オランダを本部とする世界148ヶ国にわたるグローバルネットワークに、113,000人のスタッフを擁するプロフェッショナル・サービスファーム(知的専門家集団)。
プライスウォーターハウスクーパース、アーンスト・アンド・ヤング、デロイト トウシュ トーマツと並び、世界4大会計事務所の一角を占める。
2007年のKPMG会員会社の合計収入は$198億ドル(2006年から17.4%成長)であった。 KPMGには、監査、税務およびアドバイザリーサービス(M&Aなど、企業による大型取引の判断や過程をサポートする)の3つのサービスがある。
日本においては、国際会計事務所としてはじめて日本進出を果たし、現在では有限責任あずさ監査法人がメンバーファーム(加入監査法人)となっている。

今日のトピックス

沿革

1870年 ウィリアム・バークレイ・ピートがロンドンに事務所設立。
1877年 トムソン・マクリントック(Thomson McLintock)がグラスゴーに設立される。後にアメリカのメイン・ラフレンツと合併しマクリントック・メイン・ラフレンツ(McLintock Main Lafrentz)になる。
1890年 ドイツ初の監査事務所、ドイッチェ―アメリカニッヒ―トレウハンド―ゲゼルシャフト(Deutsch-Amerikanische-Treuhand-Gesellschaft)が設立される。1892年にはドイッチェ・トレウハンド―ゲゼルシャフト(Deutsche Treuhand-Gesellschaft、DTG)となる。
1897年 マーウィック・ミッチェル&カンパニーがニューヨークで設立。
1911年 ウィリアム・バークレイ・ピート&カンパニーとマーウィック・ミッチェル&カンパニーが大西洋を越えた合併を行う。これが後にアメリカの大手ファーム、ピート・マーウィック・インターナショナル(Peat Marwick International、PMI)となる。
1917年 アムステルダムにクリンヴェルド・クラーエンホフ&カンパニー(Klynveld Kraayenhof & Co.、KKC)設立。欧州と南アフリカに強いファームとなる。
1979年 オランダのKKCはドイツのDTG、英国とアメリカのマクリントック・メイン・ラフレンツと合併し、欧州を拠点とする大手ファームKMG(クリンヴェルド・メイン・ゲルデラー、Klynveld Main Goerdeler)となる。
1987年 欧州のKMGと米国のPMIは合併、現在のKPMGが成立した。大手ファーム同士の最初の大型合併となり、以後大手ファーム同士の合併が加速する。
1997年 プライス・ウォーターハウスとクーパース&ライブランドが合併を発表した影響で、KPMGもアーンスト・アンド・ヤングとの合併を発表。世界最大のファームができるはずだったが、競争法に抵触するなどの制約のため取り止めに。
2000年 アメリカのコンサルティング部門をKPMGコンサルティングとして分社化。翌2001年にはナスダックに上場し株式公開により分離した。KPMGコンサルティングは2002年にベリングポイント(BearingPoint, Inc.)と名を変えた。
2003年 法務部門をクリーガル(Klegal)として分社化。

トレンド情報


管理人情報