アーンスト・アンド・ヤング

ロンドンを本拠地とし世界各国で会計などの事業を展開するプロフェッショナルサービスファームである。デロイト トウシュ トーマツ、KPMG、プライスウォーターハウスクーパースと並び、世界4大会計事務所 (Big 4) の一角を占める。

今日のトピックス

EYは多くの会計事務所の合併の結果成立した。もっとも古いパートナーシップは、1849年にイングランドで開業したハーディング&プレイン(Harding & Pullein)である。同年アメリカ人のフレデリック・ウィニー(Frederick Whinney)が事務所に入り、1859年にはパートナーとなった。彼は同じく会計士となった息子たちもパートナーとし、事務所名を1894年にウィニー・スミス&ウィニー(Whinney, Smith & Whinney)に変えた。
1903年、アメリカ合衆国のクリーブランドではアーウィンとセオドアのアーンスト兄弟によりアーンスト&アーンスト(Ernst & Ernst)が設立され、1906年にはシカゴでスコットランド系人のアーサー・ヤングがアーサー・ヤング&カンパニー(Arthur Young & Company)を設立した。
1924年にはこれらアメリカの会計事務所は、イギリスの重要な会計事務所との間で提携を結んだ。アーサー・ヤングはブローズ・パターソン&カンパニー(Broads Paterson & Co.)と、アーンストはウィニー・スミス&ウィニーと提携した。この提携関係は後に国際間合併へと進んだ。1979年、まずアーンスト&ウィニー(Ernst & Whinney)が成立し世界第4位のファームとなった。1989年、業界4位のアーンスト&ウィニーと業界5位のアーサー・ヤングは合併し、アーンスト&ヤング(EY)が誕生した。
合併前、各ファームは顧客である多国籍企業へのサービスのため世界各国に事務所を開いていた。1979年、アーサー・ヤングのヨーロッパにおける複数の事務所が地元の大手会計事務所に加わり、これらはアーサー・ヤング・インターナショナルの会員ファームとなった。1989年の大合併でEYが成立すると、世界各地の旧アーンスト&ウィニーの事務所と旧アーサー・ヤングの会員ファームが次々合併した。
EYはさらにグローバル化に向け約140の加盟国を4つの統合されたエリア(アメリカズエリア、アジアパシフィックエリア、日本エリア、EMEIAエリア(欧州・中東・インド・アフリカ)に再編し、世界のあらゆるマーケットで均一で高品質なサービスを提供できる体制を整備している。それぞれの地域は、世界本部の役員会への参加者であるエリア・マネージング・パートナーのもと、単一の管理部門を置き、ビジネスモデルの統一を進めている。

業務

アシュアランスおよびアドバイザリー・サービス(Assurance and Business Advisory Services)
監査、ビジネスアドバイザリーおよびリスクアドバイザリー。会計監査や、内部統制・コンプライアンス・各種認証取得・情報セキュリティなどの支援を行う。EYはこの分野では、世界的に見ればビッグフォーの中でも最大の収入を上げており、収入の65%をこの分野が上げている。
グローバル・タックス・アドバイザリー(Global Tax Advisory Services 、GTAS)
税務アドバイザリー。
トランザクション・アドバイザリー(Transaction Advisory Services)
財務アドバイザリー、およびトランザクション(企業活動における各種取引)に関わる各種サービス提供。財務・税などの分析(デューデリジェンス)、M&Aなど大きな提携や買収などの判断の助けとなる分析データの提供、M&Aなどに関わる買収戦略・提携交渉・買収後の人的資源や事業や資産の再配置などの支援を行う。

トレンド情報


管理人情報